女性のための薄毛改善サプリ大賞

女性のための薄毛改善サプリ大賞

薄毛で悩む女性にささげる育毛サプリメント特集

HOME » 女性の薄毛対策で知っておきたいこと » 薄毛は加齢とホルモンバランスの乱れから

薄毛は加齢とホルモンバランスの乱れから

女性の薄毛の大きな原因として挙げられる「加齢」と「ホルモンバランスの乱れ」について詳しく解説しています。

女性の薄毛を引き起こす加齢&ホルモンバランスの変化

女性の髪が薄くなる原因として最も多いと言われているのは、「加齢」と「ホルモンバランスの変化」です。

まず、髪の毛の密度というのは20歳の頃がピークとされており、毛の太さに関しては、そのピークは35歳頃とされています。

それぞれの年齢を過ぎると髪の毛の密度・太さはだんだんと衰退していき、30代の後半に突入すると“髪のうねり”を感じる人が多くなってくるようです。さらに40歳前後になると、多くの人が“髪の衰え”を感じ始めると言われています。

また、加齢とともに「出産」や「更年期」といったホルモンバランスの変化というのも、同じく抜け毛や薄毛を引き起こす大きな原因となっているのです。

こういった加齢やホルモンバランスの変化にくわえ、喫煙や睡眠不足、ストレス、食生活の乱れなど、生活上のさまざまな原因が、薄毛や抜け毛につながっていきます。

これらの原因は頭皮の血流を悪くさせ、血流が悪くなれば、本来必要な栄養が髪の毛の毛乳頭まで行き届かなくなり、それがヘアサイクルの乱れを引き起こして抜け毛や薄毛を発生させてしまう…というわけなのです。

こういった抜け毛・薄毛を少しでも予防する方法として、規則正しい生活を心掛けることがあります。

バランスの良い食事を摂る、喫煙やアルコールを控える、しっかりと睡眠をとる、ストレスを溜め過ぎない、ダイエットによる栄養不足やホルモンバランスの乱れに気を付ける。など、日々の生活のなかで自分のできることから改善を心掛けて、薄毛の予防・対策につなげていきましょう。